どんな仕事も必ず誰かの助けとなる

「この仕事は、本当に自分に向いているのだろうか?」

「もっと割のいい仕事があるのではないか?」

「どうすればもっと成功できるのだろう」

活きるうえで仕事の悩みは尽きません。 
しかし、やるべきことというのは、とてもシンプルで明確なのです。
それは、「今、目の前にあることを一生懸命にやる」ということなのです。

あなたが直面していることというのは
いままで積んできたこと経験が、減少となって起こったものです。
現在、悩みとして現れているものは、実はいままで無意識に選択してきた結果なのです。

目の前のことをあるがままに受け入れ、無心で精いっぱい取り組みましょう。
たとえ、人が嫌がる仕事でも、真摯に向き合いましょう。
そうすれば、頭であれこれと考えなくても、自然と道が開けてきます。

今の仕事が向いているかどうかを悩んでいる人は、
もしかすると、特別なことをやらなくてはいけないという「思い込み」を
無意識に抱えていることがあります。

医者や消防士など、目に見えて人様を助ける仕事もありますが
すべての仕事は、必ず誰かの助けとなります。
仕事は、それを通じて、いろいろなことを学ぶことができます。
人間関係はもちろん、コツコツ取り組む大切さ、やり遂げる達成感、
それらを学ぶことで、本質的な成長を遂げることができるのです。

あなたの思いを聞かせて下さい。
ご質問・ご相談はこちらよりお気軽にどうぞ。

メニューを開く

HAYATO