ハトホルたちの名前について

霊的ふるさとであるグループソウルから、一滴の分け御魂としての存在であるあなたが、まず気づかなければならない大切なことがあります。
それは、神と呼ばれている超高級自然霊は死んでいきません。
しかし、至高神はあらゆる意識になって死んで行きます。
自分以上に自分のことを愛し、自分以上に自分のことを思っている存在が居ることに、心の底からの感謝ができるかが、問いかけなっております。
この世を意識の吐き出しと、カルマのお返しの学舎として謳歌して行くための名前です。
例えば、ある方が『私は神さまです。』と言ったとしたら、え?そうなの?となりますが、至高神に名前をつけることにより、例えば『私は神ハトホルです。』と言ったら、それは違うでしょ。あなたは人間の〇〇さんでしょ!ということになります。
つまり至高神に名前をつけることにより、自分を神と間違えることが避けられます。
ですから何かしらの名前を付けたかったと言われております。
では、どうゆう名前が良いかといったときに、過去にも神の名前として使われていた名で、現代でも知られているもの。
現代の宗教などに混乱や支障をきたさないもの。
皆さまから親しみを込めて呼ばれ、カルマのお返しができる名前として、ハトホルと決めました。
と、おっしゃっております。

メニューを開く

HAYATO